沖縄と言えばダイビング三昧ですね。ダイバーに一番人気のマンタ、いつかは見たいマンタ。そんなマンタに出会えるのが沖縄ダイビングでの醍醐味です。

マンタに高確率に出会えるのは、石垣島です。本島からの飛行機乗り継ぎで1時間。フェリーでもアクセス可能ですが、約10時間かかります。

shutterstock_313499159

石垣島にはたくさんのダイビングポイントがありますが、マンタに出会うなら「マンタポイント」が一押しダイビングスポットです。石垣島の北西部に面している、川平石崎のマンタスクランブル、マンタシティポイントは、高確率でマンタに出会えるポイントです。通年を通してマンタに出会えるのですが、確実にマンタに空いたなら9から11月がベストシーズンですね。この時期はマンタの産卵シーズンですので、高確率でマンタに出会うことができるのです。

1回のダイビングで10匹以上のマンタに出会うことも可能です。これだけ有名なマンタスポットですから、もちろんダイバーも多いのですが。

このマンタポイントは深度が浅く、流れも強く無いためかダイビング歴の浅いダイバーも多く訪れます。マンタを見るはマンタの邪魔をしないようにする必要があります。

観察時はマンタの優雅なダイナミックな動きをみるのも楽しいですが、慣れて来るとちがうマンタの見方も楽しめます。

shutterstock_278186888

例えば、マンタは産卵に訪れるので、マンタのオス、メスを見分けるのも1つです。マンタの尾びれにあたる長いしっぽ部分の付け根に注目します。この付け根部分に何か突起物があるのがオスのマンタです。この突起物がオスのマンタの生殖器に相当します。それに対してメスのマンタにはこの突起物が存在せず、平らになっています。

マンタはエイの一種ですから、マンタの口ひれ部分に注目するのも興味深いです。この2つまっすぐに伸びた口ひれがマンタの特徴ですが、口ひれが時に外向き、時に内向きになっているのも観察ポイントです。

マンタは一般のエイよりも大きく雄大な泳ぎ方を見ているダイバーに披露してくれます。このマンタに得出会うために石垣島までダイバーは行くのですが、ダイビングは自然を相手に楽しむスポーツ。時には転校に恵まれずにダイビングすることが出来ない日も多々あります。こんな日はたとえダイビングを決行したとしても、透明度は低く、危険を伴います。

マンタは常にダイバーを魅了しますが、天候の悪い日は無理をせずに陸上の石垣島を楽しみましょう。

Latest Updates